東京スカイツリー散歩

20100404172629

4月4日、撮影場所失念

 いつの間にやら、東京タワー(333m)超え。

 

20100430095037

4月24日、亀戸天祖神社近く

 亀戸七福神の一。いつの間にかこんなものが出来ていた。

 

20100501165835

4月24日、言問通り下谷あたり

 もうこの界隈、高いところに上らなくても見えるようになっている。

 

20100506105741

5月5日、業平

 一番下の展望台部分の作業が開始されたみたいだ。少し横に広がり始めた鉄骨が確認できる。

 

20100506105742

同上

 隣接する31階建ビルの建築工事も目立つようになってきた。これからまた、建築現場の感じは変わってゆくことになる。

 

20100509113448
20100509113449

5月8日、京成橋あたり

 この日は、飛行船もツリーの周辺を飛んでいたりしたのだった。しかし、この近辺、ツリー以外に人力車を雇ってまで見物したくなるような名所ってあったっけかなぁ?

 

20100514185054

5月12日、雷門通り

 ここからでも、もう展望台の建築に取りかかっているのがはっきりとわかる。

 

20100617143657

6月16日、墨田区役所

 

20100617163205

6月16日、業平橋

 前回3月21日のときと比べると、ツリーの形状が大きく変わったばかりでなく、手前にはクレーンも写って、付帯高層ビルの建築も本格化したことが伺える。しかし、第一展望台ってエリザベスカラーみたくてちとダサいなぁ。

 

20100617165545

6月15日、業平、建築現場前

 缶飲料自動販売機側面に、スカイツリーのマークとツリー完成予想図が描かれている。

 

20100617165546

6月16日、枕橋近く

 これも界隈ではちょくちょく見かけるようになった、スカイツリーのマークが入った自販機。自販機正面中ほど左少し下の白っぽい一画がそれ。

 隣の「天水尊」のドラム缶が何となく捨てがたくて自販機ともども撮っちゃった。長らくこれ、「天水樽」の誤字に違いないと思い込んでいた*1。わかったつもりで勘違いというのは、後になっての悔しさ倍増って感じだわね。

 

20100617171406

6月15日、文花から

 このあたりの護岸工事は一段落ついた模様。親水テラスには立入りできないところも残っているけれど、とにかく以前とは見違えるようだ。これを撮った15日の午後は、湿度が高くてツリーがくっきり撮れなかったのがちと残念。

 

20100617172024

 水鳥たちもぼちぼち戻って来た感じ。

 

20100618002711

6月17日、文花から

 

20100623160024

6月20日頃、墨田区役所前から

 

20100625035440

6月24日、亀戸から

 

20100701135556

6月30日、業平

 

20100704144217

7月3日、文花から

 ありゃ、クレーンが1つ増えている。

 

20100704150811

6月30日、浅草寺

 

20100704150812

 

 浅草寺の平成大営繕ももうすぐ終わりみたいだ。覆いが解けて、チタン瓦葺の屋根が見え始めた。

 

20100704152558

6月30日、言問橋

20100704152559

6月30日、向島

 以前とはスケールが全然違ってきちゃったという感じ。日々見上げるばかりだわね。

 

 未見なのだけれど、タイトルに見られる本書の切り口、まず間違いなく興味深い内容が期待できる。僕は門外漢素人だけれど、同著者の絵葉書物などずいぶん面白かった記憶がある。観点と書き手の組み合わせからする限り悪くないんぢゃないかなぁ。