本日のクラッシュ!/Basement wall collapses

 以下、YouTube再生ページの概要欄から。

CAUGHT ON CAM: Dramatic video shows a person walking through ankle-deep floodwater in their family’s basement in Cranford, New Jersey when the entire wall caves in as water crashes into the space.

 テケトーなキーワードでググってみると*1、今回のハリケーン「アイダ」では*2地下室での被災が多く引っかかる*3。とくにニューヨークなど家賃の高い地域では、地下室を借りて住むヒトが多いからだとか何とか。近年のこうした災害では、「気候危機」といったことが口にされるが*4、貧困や格差の問題も大きな要因としてあることを感じさせられることが多く、このへんもまた、ということか。

 

 地下室への浸水となると徐々に水位が増すイメージがある。実際、上のヴィデオでもまずは足首(ankle-deep)まで水に浸かっている様子が映る。それだけでも住むヒトにとっては充分に過ぎる被害だろう。けれど、そのような浸水ならば死者が出ることは滅多にないはずだ。なるほど、こういう一瞬の破壊が伴う浸水となるとちょっとしたタイミングの違いで、たとえば上のヴィデオであれば部屋を横断するのが数秒遅ければ、被害が一気に大きくなるわけだ。横切っているその瞬間に壁が崩れていれば、死なずとも小さからぬ怪我は免れまい。

 安全なところに身を置いてヴィデオを眺める我々と違って、身近に壁の崩壊を目にすれば、そりゃぁデカい声も張り上げずにはいられまい。

 

 日本では、夏の高温多湿のせいなのかどうか、地下室で暮らすヒトはさほど多くないみたいだ。それでも、地下室での水死が見られないというわけではない。気候変動の問題も格差の問題も、まだまだこれから本格化してくる。そうなると、似たような問題は本邦にても増えてくるはず。いつまでも他人事ヒトゴトと澄ましていられるとは限らない。面倒臭いぜぃ。うー。

 

おまけ

 ドローンから見た被災地の様子。

 宇宙から追跡したアイダの眼+α。

 冒頭のヴィデオと合わせて、ハリケーンという同じ事象に関わる映像3つ、性格とサイズ、タイムスケールの異なるこうしたイメージには目眩を覚える。見慣れたお若いヒトはまたきっと別の感想を抱くのだろう。でもって、生まれてからずっと目にする人間とそうではなかった人間とでは、互いの世界観に窺い知れないような隔たりが出来ちゃってたりするに違いないような気がして来る。そういうことってないですかね? ないかなぁ。う~ん。

 

立ち読み課題図書、その他

 現代音楽モノ3冊。問題は、いかにもご近所の書店に置いていなさそうなテーマだということだわね\(^o^)/

 

 9月13日刊。「待望の文庫化」ってのになるのかな。

 しかし、近所の書店にまで出回ってくるのかどうか。それが問題。

 

*1:cf. google:basement floodあたりが、当エントリの論旨的には手っ取り早いところ。

*2:cf. google:ハリケーン アイダ

*3:e.g. 「短時間で水流入・・・地下の住民多数死亡 NY集中豪雨(2021年9月4日)」(ANNnewsCH、YouTube)、再生ページの概要欄に曰く《ニューヨーク州では、豪雨による死者が3日までに18人確認されています。/犠牲者の多くが建物の地下で暮らす住民で、鉄砲水で窓や壁が破られ、短時間で部屋に水が流れ込み避難できなかったとみられています》。冒頭ヴィデオのケースはそうした浸水のありさまの典型例だということになりそうだ(死者が出たわけではないようだけれど)。

*4:e.g. 「米大統領『気候危機が到来』被害地域への支援急ぐよう指示」(NHKニュース)