2021年1月18、19、20日のSongs

 18日視聴したYouTubeのPV、MV等から全44本。

 

 19日視聴したYouTubeのPV、MV等から全39本。

 

 20日視聴したYouTubeのPV、MV等から全56本。

 

 更新が追いつくような気配さえない\(^o^)/

 

なんとなく、チョイス

 例によって例の如しで全然知らないアーチストさんのオフィシャルなプレイリスト。音楽もアニメもどちらもチャーミング*1。かなわんなぁ、って敵う必要などないのだけれど\(^o^)/。

 女性ヴォーカルの声質もいいのだけれど、アレンジとリヴァーブのバランスみたいなのなんか抜群ぢゃないですか。音の数を絞り込みつつもニュアンスに富む響きがある感じ。保守的な作りだと云われればそうかもしれないけれど、どうせアタシャぁコンサヴァ爺ぃなんだからこれでいいのだ\(^o^)/。というわけで、さしあたり気に入ったぞ。

Shapeshifter

Shapeshifter

  • 発売日: 2021/01/15
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

 Shardsは「折々のMV/2019.10.05-13、Shards、Weval、Julien Baker……」で、上のプレイリストにもある「unrest」のMVを取り上げている。そこでも『Find Sound』をプレイリストとして紹介しているのだけれど*2、改めて別に公開されたもの。そのへん、どういう事情があるのかは不明。

 その後、なぁにも調べていないので、相変わらず全然知らないアーチストさん(たち?)のまんまだ\(^o^)/。

 感じのいいBGMとして聴き流してもいいし、聴き込んでもそれなりにいろいろ、というところか。

Find Sound

Find Sound

  • アーティスト:The Shards
  • 発売日: 2019/08/30
  • メディア: CD
 

 今やCDって、アナログ盤はもとよりMP3より安いメディアになっちゃったんですか。おやまぁ。

 

 ピンク・フロイドって、ホントのところ、別にプログレッシブ・ロックがどうのこうのというようなタイプのバンドさんではなかったのだよねぇ、たぶん。元曲*3もおおよそそうだったように思うけれど、こういうふうに演奏してしまうと普通のポピュラー音楽ということでケリをつけて何の問題も生じない。他の作品では、そう簡単に云い切っちゃうとお叱りを受けることもありそうだけれど、だいたいそういうふうに申し上げておいても構わないんぢゃないかなぁ。別に腐してそう云うわけぢゃないのですけれど。ダメですかね。うーん。

Final Cut

Final Cut

  • アーティスト:Pink Floyd
  • 発売日: 2016/01/29
  • メディア: CD
 

 Gerald Clayton、ジャズのヒトということでいいのかな。Sup Popからとなると、ちょっと面喰らう。

 ちゃんと確認できていないのだけれど、『MLK/FBI』*4関連の作品ということなんだろうか。だから、なんとなくこれまでのイメージとは異なる(んぢゃないかな)仕上がりなのだということで、とりあえずの納得をしておきますか。

 ちなみにMLKは、Martin Luther King, Jr.のことでございますね。

Lift Every Voice and Sing / Theme from MLK/FBI

Lift Every Voice and Sing / Theme from MLK/FBI

  • 発売日: 2021/01/18
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

 いかにも辛い冬の歌だわね。ブラインド・ウィリー・ジョンソン(Blind Wilie Johnson)については、「ブラインド・ウィリー・ジョンソン」(Wikipedia)でも参照されたし*5。英語御本家版のほうが、単に詳しいというだけでなく比較的新しい研究なんかも反映されているみたいだから*6、知識のブラッシュアップを図りたい向きはそちらも是非とも参照されたし。

 日本語版では《死後数十年経った1977年、ボイジャー計画におけるボイジャーのゴールデンレコードに、ベートーヴェンモーツァルトと並び、彼の"Dark Was the Night, Cold Was the Ground"が収録されている》と記されているのみの本作も御本家版だと「Dark Was the Night, Cold Was the Ground」(Wikipedia)と項目が立っている。ついでながら、そこにもちょろっと記述があるけれど、ライ・クーダ(Ry Cooder)によるヴィム・ヴェンダース(Wim Wenders)の『パリ・テキサス(Paris, Texas)』の主題曲は、本作を下敷きにして作られていることも有名(ってことになっている割に、知られていない感じ?)。主題曲に限らず『パリ・テキサス』のサントラ盤は映画に勝る仕上がりなので、これを聴かずに人生を終えるのはヒトとして生まれた甲斐がないようなもの。さっさと聴いておくのがよろしい。というわけで、ついでながら……。

 並べて聴いてみると、白人による音楽的洗練(もうちょっとマシな云い方があるといいのだけれど)のありように改めて驚く。こういうの本作にかぎったことぢゃないしなぁ。うーん。

Complete Recordings of Blind Willie Johnson

Complete Recordings of Blind Willie Johnson

 

 アマゾンでは複数異なるジャケットデザインのものが並んでいる。上映当時発売されていたLPのサントラ盤のデザインはこれだったはず。というわけで、これをあげておく。

 

*1: アニメは、BITSANDCRAFTS | João Dias portfolio | freelancer artistによるそうな。何となく想像していたよりも作風が広い感じ。売出し初期なら、もう少し作風を絞り込んだほうがいいんぢゃないかと思ったりするのだけれど、まぁ、そんなもん、こんなところに書いたって意味ないな\(^o^)/。本人に直接云って聞かせる折が万が一あったとしたって余計なお世話\(^o^)/\(^o^)/。

*2: 上のプレイリストとは異なるURLで公開されている。あらま。

*3:「Pink Floyd - The Gunner's Dream」(Pink Floyd、YouTube) 

*4: リンク先はYouTubeにあった予告編。

*5: ただし、いろいろ強引な記述もあるように思える。DeepLなんかもあることだし、英語版に当たることをお薦めしたほうがいいのかもなぁ。

*6: よくわかんないまんまテケトーなことを云ってるんで、あんまり信用してはいけまっせん\(^o^)/

2021年1月16、17日のSongs

 16、17日視聴したYouTubeのPV、MV等から全88本。リストページは再生画面したのタイトルのリンクからどうぞ。

 うっかり17日に聴いたものも16日のリストに加えてしまったというテイタラク

 

 いつも全然知らないアーチストばかりというのもアレだから。とはいえ、少し知っているくらいだと、 google:デイル・クローヴァー でググったほうがずいぶん正確で新しい情報に出喰わせるんだから話にならない\(^o^)/

Rat-A-Tat-Tat!

Rat-A-Tat-Tat!

  • 発売日: 2021/01/15
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

 こちらは例によって例の如しで、全然知らないアーチストさん。エレキなギターを基調にした、Daughterあたりで決定的に流行りになったっぽい構成の演奏かもしれないけれど、まぁこういうのがアテクシの好みなのだから仕方ありませんね\(^o^)/

 YouTubeには「Isadora Eden」(YouTube)っと、オフィシャルチャンネルもあるんだけれど、今のところ2月19日premier配信予定の1本があるだけで、サクッと聞くわけにはいかない。「Isadora Eden - Topic」(YouTube)のトピックチャンネルも、アルバム類のまとまった公開は、実質的にはない。YouTubeではレーベルもの、野良ものを検索して聞くしかないのかな。

All Night [Explicit]

All Night [Explicit]

  • 発売日: 2021/02/05
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 「Ghost」収録。今のところ予約注文しかできない。これ以前のものだと生ギター中心で、ずいぶんシンプルなスタイルの演奏になる。21世紀にもなったことだし、もちっと工夫があってもバチは当たらないんぢゃないのかという感じ?

 

 云わずと知れたMike Dawes。

Shows and Distancing: Live in the USA

Shows and Distancing: Live in the USA

  • 発売日: 2020/10/30
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 本アルバムはまだ聴いたことがないのだけれどm(_ _)m。上のヴィデオは、このアルバムから5つばかり抜粋したものということらしい。

 

寝床の重層構造に関する覚書

 こういう豆知識モノ、大抵はそのとき見聞きして、へぇ~と感心するもののなかなか実際には試さず、そのうち忘れてお仕舞になってしまうやつ、今回は多少条件は違うものの試してみた。あらまびつくり効果てきめん、ホントに全然違う暖かさ、これは「与太」閲覧常連諸賢にもお知らせせねばねばねば。

 試す以前の我が寝床の層構成は、このヴィデオで取り上げられているダメダメパタンそのままを見事に踏襲したもの。おそらくは同様の構成で寒さに寝就けぬ夜をお過ごしの方も実は多いのではないか*1。もしそうであるならば、是非ともお試しになられるがよろしい。夢疑うナカレ。

 

 多少の条件の違いとは、羽毛布団が羽毛布団もどきであるという、いささか情けないあたり、しかし、モノは試しと試みるぶんには問題なしとしてよろしいのではないか。というわけで、試した結果は予想を超えていた。いやぁ、電気毛布ゐらずと申し上げてよろしいだろう。昨今の電力供給のピンチを考えれば、なおのこと、これは素晴らしい知恵となる(かも)*2。ここしばらくの冷え込みの中、近畿地方中部平野部において、個人的にはそう申し上げることに躊躇なし。

 こんな簡単なことで寝床の暖かさが劇的に変化するとは思ってもみなかった。こういう話は人生のもっと早い段階で知っておきたかったぜぃ\(^o^)/

 

 アマゾンってこんな高額商品まで扱うのかぁ。というか、アマゾンでここまでの高額商品をホイホイお買いになる御大尽もゐらしやるものですかね*3。ほぉ~。

 

*1: 僕の場合、それでも横になればパタリとそのまま瞬時に眠ってしまうのだけれど\(^o^)/

*2: 今どきの電気毛布の消費電力ってさほどのものではないという話も聞くけれど\(^o^)/

*3: ランクがついていないから、やっぱり今のところは売れていないってことなのかな?

本日の備忘録/《人間にとって猿とは何か》

 これ、そのまま信じて構わない映像なのだろうか。

 光量によって露光が自動的に変化しちゃうからこうなるという理屈は、わかる(ような気がしている)。明るければ、シャッタースピードや絞りを弄るものだとフィルムの頭では考えちゃうけれど、ディジタルヴィデオではコマ落とししてしまうというわけか。しかし、こういうありふれた変化で、こんなに光の捕捉具合が変わってしまうものなのか。

 フィルムからディジタルヴィデオへという技術的な変化は、僕のような素人にとっては「進歩」と感じられる。ところが、このような事例は、そういう感じ方を裏切るものだわね。撮影技術の「進歩」と呼べるようなものであれば、その結果として現実はより一層「ありのまま」に捉えられて然るべきだと、まぁ普通は考えちゃうんぢゃないか。ところがどっこいこのザマなわけだ。うーん。

 狐につままれたような気分。たぶん、目の前で餌が消えてしまう手品を見せられたサルの気分だな、これ。

 

 と思ったところで、弦の動きをギターのボディー内から撮影した映像を思い出した。ただし、上のヴィデオの説明とどうも話の辻褄は合わないのだけれど\(^o^)/

 「~STRINGSCAPES~」(Alan Gogoll、YouTube)のような映像だ。「コマ落とし」のタイミングと弦の振動周波数の合致とズレから、弦の揺れ具合の多様も見て取れる。ただ、画面全体は薄暗いのにこういう映像が撮れてしまうのでは話の辻褄が合わないのだけれど。反対に弦は充分に光を浴びていると思える「【ジブリカバー】やさしさに包まれたなら/松任谷由実 cover Finger Song Player」(Finger Song Player、YouTube)では、弦の振動が当たり前に撮られている。

 どうなっているんだろう? どういう設定その他の違いがものさし映像とギター弦の映像との違いを生み出すの? 常連諸賢の皆々様、どうかやさしくお教えを垂れてやってくださいましなm(_ _)m

 

おまけ

 嵐山モンキーパークいわたやま*1。新年になって当方のTLに流れてきた。テレビでも取り上げられたらしい。上のヴィデオを見て真っ先に思い起こしたのが、このサルの反応だった。

 興味深いのは、同趣の手品を見せられたサルの反応は一様ではないこと。

 個体による違いなのか種による違いなのかはこれだけぢゃわかんないけれど。

 ドゥ・ヴァール*2によれば、サルの反応は手品に対するものではないのだという。

ドゥ・ヴァールはこの動画をすでに観ていたようだ*3。「どう判断すべきか、迷うところだ」と、彼は言った。「手品そのものに腹を立てた、というわけではないのだろう。(動画を観るに、)人間がアイコンタクトをして、そのあと、手品をする手の動きが自分の顔の正面で行われている。こうした状況を、サルたちは非常に嫌うから」

サルは「手品」を理解できるのか? | WIRED.jp

 しかし、そうは見えないよねぇ。引用元の書き手さんも書いているけれど、何度見ても、これは手品に対する反応だよなぁ。

 ネット上には、ヒトによる手品(&手品まがい)への、サルばかりではない様々な動物たちの反応を扱ったヴィデオが結構あって、やはり「手の動きが厭だ」仮説なんかホイホイ棄却出来ちゃいそうな気がするんだけれど、どうですかねぇ。ダメですかねぇ。うーん。

 

 マジックの類を愉しむ風習(?)というのはいつ頃出来上がったものなのだろう。もちろん、文化史的な観点からも気になるのだけれど、動物たちの反応を見た後だと、進化論的な目で見て、いつ時分からマジックを愉しむ能力が芽生えるものなのだろうかというあたり。

 

 本稿、タイトルはデタラメなので、とくに気になさらないようにm(_ _)m

 

*1: リンク先はオフィシャル・サイト。

*2:cf. google:ドゥ・ヴァール

*3:【引用者註】上のヴィデオ中、1分40秒過ぎ少し前からのサルの反応。