2021年3月23、24日のSongs/わたしは、人魚が溺れる場所で、byeと云う風のささやきに耳を傾けながら、庭造りをはじめなきゃいけない

2021年3月23日

 2021年3月23日にYouTubeで見聞きしたPV、MVの類から。

where mermaids drown - One Week

 where mermaids drownについては例によって例の如し。

 ポスト・ロックの捉え方はいろいろある*1そうだけれど、ここ数年、現実に耳にできる「ポスト・ロック」と称される音楽はそれほどヴァリエーションに富んでいないように聴こえる。どのバンドの作品も変に似通っていて、盛り上がりとなるとメロディをエレキギタートレモロで演奏しちゃうみたいなパタンが決まっていて、これは一体何なんだということになる。しかも、「ポスト」と冠しているのに、これまでのロックを踏まえつつもロックから抜け出して新しい領域へと歩を進めているようにも聞こえない。「後期印象派」の名称の扱い方*2とは逆に、「ポスト・ロック」ぢゃなくて「後期ロック」というところなんぢゃないか。大概の場合、そんなところぢゃないかなぁ。一定のちょっとスノッブなBGM需要には応じているのだろうけれど。で、そのこと自体は別に悪いことぢゃないけれど。けれど、けれど。要するに言葉の遣い方が気に喰わないっちゅうことか。

 上で取り上げたのと同じチャンネルで公開されているwhere mermaids drown - And the raging winds do blow [EP] (2021) - YouTubeで一通り試聴できる。

 

a子 - bye

 肺活量の足りなさ加減にもかかわらず、こちらの胸に響いてくる声。どうしてそういうものが心惹くことになるんだろう。歌声の官能みたいなものは、所謂「歌唱力」と称されるようなものに優るところがあるというところかなぁ。いやいや、こういうタイプの声質のシンガーさんは得てしてライブでは音程が不安定であったりする。でも、このヒトの場合は、少なくとも上のヴィデオでは、そういう不安定は感じられない。その他あれこれ、先々が気になるアーチストさんの一人。

ANTI BLUE

ANTI BLUE

  • アーティスト:a子
  • LONDOG
Amazon

 「bye」も収めて、先日(19日)リリース。別にそのタイミングを狙って取り上げたわけぢゃないですけれど。MP3版もある「ANTI BLUE」(YouTube)で一通り試聴できる。

 

 その他、「Bach - St Matthew Passion / Matthäus Passion BWV 244 (reference recording: Nikolaus Harnoncourt)」(Classical Music/ /Reference Recording、YouTube)、云わずと知れた「聖マタイ受難曲」。「マタイ」、実はこの演奏、耳をまだちゃんと通していないのだった。

 

2021年3月24日

 2021年3月24日にYouTubeで見聞きしたPV、MVの類から。

Paul Motian - Windmills Of Your Mind

 2021/03/24 - YouTubeのリストに入っているのは、Windmills Of Your Mind - Paul Motian - YouTubeなのだけれど、そちらはタイトル曲一つっきりだし、どうも野良モノだし、というわけで、Topicモノに換えた。アルバム全部を聴き通すのが面倒臭いというヒトでも、野良モノのほうくらいは耳を傾けていいかも。曲そのものは、ミシェル・ルグラン(Michel Legrand)の云わずと知れた名曲「風のささやき」。でも、オリジナル・サウンド・トラックの大袈裟というか扇情的というかなところをぐっと抑えた仕上がりはなかなかイカすんぢゃないか*3

 ポール・モティアン*4Paul Motian)は、ドラマーさん。上の写真中、サングラスの男性。ビル・エヴァンスBill Evans)やキース・ジャレットKeith Jarrett)、あるいはビル・フリゼールBill Frisell*5との活動歴があるくらいだからウィキp日本語版にも項目があるだろうと思ったのだけれど、項目はないのですね。あらま。

 で、本作は、モティアンの遺作となったアルバム。アルバムが2011年8月、亡くなったのが11月だったと思う。

 それにしても遺作の最後が「2」がつく「Introduction」とはこれ如何に、だ。下手な解読欲をそそるのがどうもよろしくありませんね。

The Windmills of Your Mind

The Windmills of Your Mind

Amazon

 CD、LP、みな品切れ、在庫切れ、再入荷見込みなし、MP3版、ストリーミングもなし。素晴らしいベストの一枚とはいえないかもしれないけれど、悪くないアルバムぢゃないですか。切ないなぁ。

 

Haley Heynderickx - I Need to Start a Garden

 「2021/03/24」(YouTube)では、「Haley Heynderickx - I Need to Start a Garden [Full Album]」(YouTube)を採ったのだけれど、野良モノみたいなのでtopicモノをここでは挙げておく。

  • Haley Heynderickx /// songwriter

     オフィシャル・サイト。主要SNSアカウントページへのリンクあり。

     どことなく出自不明な顔立ちだなとは思っていたのだけれど、ABOUTページに《For the empathetic singer/songwriter, the reasons for seeking such acceptance and understanding stem from a life of paradoxes. Heynderickx grew up in a religious household in Oregon, closely identifying with her Filipino roots, but also straddling multiple cultural identities. 》とある。

  • Haley Heynderickx - Wikipedia

     概略を知るには、オフィシャル・サイトより便利。

  • I Need to Start a Garden - Wikipedia

     本アルバムについて。へぇ、これがデビュー盤だったのか。しかしなぁ、馬が死んぢゃう曲ってどんなだよぉ。かえって気になるぢゃないか。

  • HALEY HEYNDERICKX — Mama Bird Recording Co.

    レーベルでのページ。まだ読んだことがない\(^o^)/

  • google:Haley Heynderickx

 このヒトも、まずは声かなぁ。所謂「美声」の類ではないけれど、声質自体がすでに何かのメッセージであるみたいな声。

 CDもLPもすでに新品では落手不能みたい。というわけでMP3版。

 

*1: リンク先はウィキp。

*2: 'post-impressionnisme'を「後期印象派」と訳したのは白樺派のスットコドッコイのせいで、印象派との決別具合を考えるなら、素直に「ポスト印象派」と訳しておくべきぢゃといったようなお話があるの。

*3:cf. 「風のささやき The Windmills Of Your Mind」 サウンドトラック ミシェルルグラン Michel Legrand - YouTube

*4: 「モチアン」とも。でも、餅と餡みたいぢゃねぇ。ドラムスティックに絡みついてくるよく伸びる餡コロ餅で出来たドラムと格闘するドラマーの姿を、何となく思い浮かべちゃうぢゃないですか。

*5: 本アルバムでもギターを担当している。

訃報:ジャン=ジャック・ベネックス(Jean-Jacques Beineix)

 遅ればせながら、になっちゃったけれど、ジャン=ジャック・ベネックス(Jean-Jacques Beineix)*1が13日、亡くなった。75歳。

 

 これはたしかな話。『DIVA』のサウンドトラック盤には「2021年2月7、8日のSongs/「地球ってあまりいいところでない」(J.N.)」で一度触れたことがある。聴いていると、そうそうあのベトナム少女のこと、2CVの変なおっさんとか、小雨降る夜明けの散歩だとか……いろいろなシーンが思い起こされる。音楽担当はウラディミール・コスマVladimir Cosma)。ベネックス監督の他作品の音楽といって思い出せるのは、カブリエル・ヤレド(Gabriel Yared)が音楽担当の『ベティ・ブルー(37°2 le matin)』の一部くらいだということになるか。

 作曲者本人のチャンネルから。

 作曲者のTopicチャンネルから。

 

 まず全般に軽い曲調に発揮されたコスマの手練れっぷりに唸らされる。映画音楽の出来の手柄は、音楽の作り手独りのものではないが、しかし、これはやはり只事ではないんぢゃないか。ヤレドだって悪くないし、冒頭の「Betty et Zorg」など、映画と関係なしにだって、一発でじ~んと來てヤラれちゃうくらいなのだけれど、コスマの軽さのほうが映像に馴染んで記憶によく留まっていると感じる。深くて重々しく響き感動を呼んだ結果としてではなく、軽く穏やかな作品ばかりなのにそういうふうになるというのはなかなかないことぢゃないかしら。そうでもないですかね? うーん。

 何だか映画の話からはずれてしまった。

 

 「Jean-Jacques Beineix」をTwitter Searchにかけてみると、今も追悼のツイートが絶えないことにも驚くが、2作が代表作として扱われているのが圧倒的に多いことに気づかないわけにはいかない。メディアの記事類、個人のツイートを問わない傾向であるようだ。

 『ディーヴァ』は長編第1作、『ベティ・ブルー』は第3作。長編映画は全部で6本、2001年が最後だから、初期の2本という取り上げられ方は偏っているとまではいえないかもしれない。でも舞台や書き物(小説が2020年にも出ていたはず。読んでいないのだけれど\(^o^)/)のことを考えると、1981年と1986年の作品ばかりがクローズアップされるというのは、独りのアーチストの扱いとして何となくアンバランスなんぢゃないかという気分は残る。

 とはいえ、そういうことは世の中にはいくらでもあるといえばあるものか*2。たとえ仮に1作きりだとしても、輝かしい作品の作り手としてヒトビトの記憶に残るのであれば、それはそれで大したものだってことには違いないんだしなぁ。

 そこまでスゴいのかどうかはよくわかんないけれど、またちゃんと見聞きしておきたい映画であることは間違いないわね。

ディーバ [Blu-ray]

ディーバ [Blu-ray]

  • ウィルヘルメニア・フェルナンデス
Amazon

 品切れになった折のために、Amazon.co.jpでの検索ページを挙げておく(「ディーバ」による検索結果)。

 いろいろ版がある中、アマゾンで今手に入るのはこれだけみたい。日本語字幕不要ということならば、Criterion版もあるけれど。のちのちのために、Amazon.co.jpでの検索ページを挙げておく(「ベティ・ブルー」の検索結果)。

 

*1: リンク先はウィキp。

*2:e.g. 「訃報:ガルト・マクダーモット」

2021年3月21、22日のSongs/全部のせ

2021年3月21日

 2021年3月21日、YouTubeで見聞きしたPV、MVの類から。

Annsofie Salomon - All Things

 レーベル・オフィシャルのヴィデオで。ついでに、「Annsofie Salomon - Soft Dreams」(TAMBOURHINOCEROS、YouTube)も。

 声なのかなぁ、結局のところ。20世紀後半以降、録音や音響関連技術の発達のおかげで、歌唱力の捉え方が大きく変化した結果、旧来の歌の巧さが重視されなくなったおかげで、歌唱力そのものよりも声質のほうを愉しむ風が広がってきたんぢゃないか、というような仮説はどうか。少なくとも声量はほとんど問題にならないし、多少音程が外れても今日のディジタル技術では、音源作成時に修正可能となっている。声質そのものも「AI時代におけるヘタウマ復権の可能性について」で触れたAIりんなのような歌唱のみならず声質に至るまでのAIによる合成技術が確立されてしまったとなると、このあたりもいつまで重んじられ続けるものかわかったもんぢゃないかもなぁ。ヒトによる歌唱へのこだわりが、フェティシズムに過ぎないなんちゅうふうに看做されるような時代だって来ないとは限らないというような。

 とはいえ……、ということがいくらでもあって、そういう時代が来ることなんて、ホントは來ないんだろうなと高を括っていたりするのが実際のところだったりするわけなのだけれど。

 Only Space and Time Can Tell How to Breathe in an Ocean Shell - YouTubeで一通り試聴できる。

 これにかぎらず、YouTubeで公開されているアルバム類の多さに驚く。一方で再生リストのViewsがたった18というのも不思議な気がする。リスナーのみなさんが慎み深いのか、アーチストさんが知られていないせいのか。はてさて。

 

2021年3月22日

 2021年3月22日にYouTubeで見聞きしたPV、MVの類から。

Don Ross - PS 15

 Don Ross*1。『PS 15』というのは『Passion Session』(Narada、1999)リリース15周年記念アルバムだということらしい。というわけで2014年のリリース。収録曲は、したがって初代と同一。15年間の弾き込み具合を聴いてくれということなんだろうか。自分のような凡俗なギター愛好者からするとどちらもスゴいとしかいいようがない。あえていえば、いくらか面倒臭い弾き方が加わっていない分、初代のほうが聴きやすい気がしないでもないのだがぁ、たぶんそれは気のせい。

 初代オリジナル・アルバムの演奏は、YouTubeでは部分的にしか耳にできないので、すべてをYouTubeで聴き比べることは残念ながら出来ないみたい。Spotifyはどうかしらね?

PS15

PS15

Amazon

 

A Chamber Of Stars - The Night

 A Chamber Of Starsというのはプロジェクト名ということになるんだろうか。大概がギター1本と多少の効果音というかフィールド・レコーディングで作品は構成されているようだから、たぶん、ギターを弾いている Celtéc The Hermit というそりゃなんぢゃという名前の作り手さんのソロ・プロジェクトなんだろう。ググっても情報はないに等しい。「Celtéc The Hermit」(Bandcamp)を覗いても、YouTubeの再生ページ概要欄に書かれている以上の話は出て来ない。

 こういう、何というんだろう、たとえば、ドン・ロスのような音数の多いテクニックに秀でた演奏を耳にした後では何だかスカスカに聴こえて来なくもないソロ・ギター、概要欄の説明に曰く《ambient acoustic black metal songs》なのだそうだけれど、何だかどうも何かのパロディというわけではなく大真面目みたいなのがとても不思議に思えてしまう。こういう不思議なアーチストさんって、しかし、YouTubeを彷徨っているとそれなりの数いらっしゃるようで、たとえば、Beautiful Death*2もそういうヒト。で、それなりにリスナーを集めている。

 とかなんとかケチをつけつつ、何だかこれはこれでいいかもなぁ、と思い始めている今日この頃。

 え?

 

CHINAH - Feels Like Forever

 例によって例の如し。

 とりあげたプレイリストで一通り試聴可。

 

*1: リンク先はオフィシャル・サイト「Don Ross Online」。概要をさっさと知りたい場合は、「Don Ross (guitarist)」(Wikipedia)のほうが面倒は少ないと思う。残念ながら日本語版には項目なし。以前はあったような気がするんだがなぁ。

*2: リンク先はYouTube、本人さんチャンネル。

本日の備忘録/疑似相関の彼方へ、

 疑似相関のお話。動画再生中の画面にポインタをかざすと画面右下に現れる歯車アイコンからアレコレいぢるとヒトの手になる日本語字幕も利用できる。

 登壇者は、オランダのサイエンスライターさん。僕自身はこのTED講演でしか知らないのだけれど、どなたであるにせよ、お話は標準的なもの。「疑似相関」を、もし知らなかったのであれば、これを機会に知っておいて損はございませんわね。

 

親の所得と子どもの学力の関係は……

 今回の本題はこちら。疑似相関を疑ってみることは大事だけれど、親の収入と子どもの学力に見られる相関関係は、疑似ぢゃないみたいよ、というお話。

……アメリカでは、(略)子どもの成長に対する所得のみの影響(「所得効果」と呼ぶ)を検証する研究が多く存在する。つまり、同じ地域において、たくさんの被験者を募り、その中から無作為に半数を選ぶ。そして、その対象グループには毎月〇〇ドルといった所得保障を行い、残りの半数のコントロール・グループには何も行わない。そして、数か月から数年後に二つのグループの子どもたちの成績、学歴達成などがどのように変化したかを見るのである。もし、対象グループの子どもたちだけが、成績が上がり、コントロール・グループでは上がらなければ、所得のみの影響、つまり所得効果が存在するということになる。

 このような手法を使った研究のほぼ一致した結果は、所得効果は存在するということである。たとえば、クラーク - カフマンらは、0歳から15歳*1までの子どもを対象とした14の実験プログラムの対象グループとコントロール・グループを比較している(Clark-Kauffman et al. 2003)*2。プログラムは、単純な現金給付のものから、現金給付に加えて(親の)就労支援プログラムを行うもの、就労支援プログラムのみが提供されるものなど、さまざまである。その結果、潤沢な現金給付のプログラムであれば0~5歳児の成長(プログラムに参加してから2年から5年の間に測定される学力テストや教師による評価)にプラスの影響を与えるものの、現金給付がないプログラム(サービスのみのプログラム)や現金給付が充分な額ではないプログラムでは影響は見られなかったと報告している。つまり、所得の上昇だけによって、子どもの学力は向上したのである。

阿部 彩『子どもの貧困』(岩波新書、2008年)pp. 34-5

 

疑似相関ぢゃないかと疑うこと自体は悪くないのだけれど……

 さすがに今では、子どもが置かれている経済的な環境によって学力が大きく左右されるという話そのものは広く知られているかもしれない。けれど、世間様一般はさておき、それが話半分に受け止められていることも身近ではそれなりにあるみたいに見える。たぶん、話がなされる折に示される、家庭の経済状態と子どもの学力の関係を示すデータと称されるものには疑似相関である可能性を排除できないものが結構あるからぢゃないかしら。縦軸がテストの点数で横軸が親の年収になっているグラフみたいなヤツ。親の年収があればあるほど子どもの成績も上昇する……こういうデータだけであれば、たとえば年収は親の頭の良さに由来するものであって、収入が直接子どもの学力を左右しているわけではなく、親からの遺伝的要因のおかげで学力があるのだ(という可能性を排除できない)と考えることだって出来る(かもしれない)。そういう疑いの目を以てデータを見ること自体は全然悪くない。というかむしろあって然るべき見方だ。ただ「可能性を排除できない」ことを以て、経済的環境が子どもの学力を左右するという主張を論駁し尽くしたことにはできないということは忘れちゃダメよね。

 と、そんなこんなで、こと親の所得と子どもの学力の間には、疑似的とはいえないまともな相関関係があると見たほうが良さそうだと頭にとめておいていいみたいだ。

 

 もちろん、引用元が2008年のものであることを考えれば、さらに新しい研究調査の類があるのかどうか、あったとしてどういう結果が出ているのかも気になるところ。そこいらへん、今のところ決定的な否定になるようなものはないんぢゃないかなぁ。といっても、不勉強なアテクシのいうことだから信用できないんだけどさぁ\(^o^)/

 

※ エントリ・タイトル、毎度デタラメで相済みませんm(_ _)m

 IIは2014年の刊行。前著の主張を前提にさらに細かな検討を加え、「解決策を考える」ものになっている。親の所得と子どもの学力については、本書の比較的早い段階で以下のように語られる。

 教育学においては、親の所得と子どもの学力がきれいな比例の関係にあることが実証されており(略)、さらには、とくに経済的困難を抱えている生活保護受給世帯に育つ子どもたちや、児童養護施設に育つ子どもたちの、極端な学力不足が報告されている。極端な学力不足とは、中学、高校の段階の子どもたちにおいて、小学校低学年で習得しているはずである九九や簡単な算数ができないというような状況である(略)。かつて日本は、世界の中でも教育レベルが高いと信じられてきた。しかし21世紀に入った現代日本において、義務教育で当然のごとく身につけるはずである基礎的な学力さえも取得できない子どもが増えている。

pp.14-5

ってことは、著者さんを信用するかぎり、先に取り上げた引用で示されていたような調査研究に決定的な批判はなかったんだろうと考えるほうが自然だよね、たぶん。

 

 とくに第一部。筋の通った思考のために留意しておきたいことどもアレコレ。

 「学校では教えてくれない」と来ると、どうも昨今では怪しい本の売り文句という感じだけれど、こちらはそんなこたぁございません。

 

*1:【引用者註】原文縦書き漢数字。以下同様。

*2:【受験生向け引用者註】「et al.」は「その他(のヒト)」の意味。つまりここでは、直前に「クラーク - カフマンら」とあった末尾の「ら」に当たるって感じ。