本日の備忘録/Fossils in amber offer an exquisite view on dinosaur times—and an ethical minefield

 詳細はFossils in Burmese amber offer an exquisite view of dinosaur times—and an ethical minefield - Science | AAAShatebu。僕はまだ読み終えていないのだけれど\(^o^)/。ネタ元論文は、An ammonite trapped in Burmese amber | PNAShatebu。こちらは全然読んでないや\(^o^)/\(^o^)/。

 日本語でもすでに話題になった後という感じだから、多少今さら感なきにしもあらずだけれど、研究者さんたちの「喜びの表情」みたいなヤツって、目にすると何となくこちらにも伝わってくるモノがあるでしょ。試合結果だけぢゃなくて、勝利投手インタヴューも見てみたい、みたいな。

 「in the future」と聴こえる言葉もあって、こういうときの「未来」がどれくらい先を示すものなのかはわかんないのだけれど、何となく自分たちの生の及ばない先を感じさせるような言葉としてこちらに迫り出してくるふうに思えた*1。こういうの、普通の日常をぼんやりと遣り過すだけの生活からは出て来ない感覚だよな、たぶん。

 と、そんなこんなでφ(..)メモメモ。

 こうしてみると、日本語情報ではアンモナイトだけが突出した扱いを受けていることがわかる。そりゃそうだろうとも思うけれど、発見の具体的内容からすると、ナショジオの記事が触れていた、また冒頭のヴィデオでも語られているあたりがもちっと大きく扱われていいような気もする。

 研究者たちは、海岸線に生えていた木の樹脂が、砂浜に流れ着いたアンモナイトの殻などを包み込んだのではないかと考えている。同じ琥珀化石からは、巻き貝やダンゴムシに似た海辺の生物のほか、ダニ、ハエ、甲虫、クモ、寄生バチ、ヤスデ、ゴキブリといった沿岸の森に暮らす生物が見つかっている。(略)

 米ロサンゼルス自然史博物館の古生物学者であるジャン・ベンデッティ氏(本研究とは無関係)は、「あり得ないような組み合わせです。美しい白亜紀の海岸をそのまま保存したようなもので、まさに驚きの発見です」と話す。発見の目玉はやはりアンモナイトだが、この時期のたった一つの化石の中からこれほど多様な生命が見つかることのほうが重要かもしれない。(略)

 今回の論文著者の一人で、米インディアナ大学ブルーミントン校の古生物学者で名誉教授でもあるデイビッド・ディルチャー氏は、「あらゆる生命体が共生していたのです。長い目で見れば、その事実の方が重要かもしれません」と述べている。

「9900万年前のアンモナイトが琥珀に、おそらく初」(ナショナルジオグラフィック)hatebu

 そこいらへん、琥珀に封じられた化石たちの写真を図鑑のように並べるだけでも、ずいぶんな壮観だろうになぁ。

 

アンモライト原石 最大級の大きさ
コスモインターナショナル

 350万円ださうな\(^o^)/。アマゾンに並んでいる高額商品の例にもれず、インチ臭いカスタマーレヴューがついている^^;。「アンモライト」については「アンモライト」(Wikipedia)hatebu参照。

 

アンモナイト
アンモナイト
posted with amazlet at 19.05.24
M☆Hits (2013-08-14)
売り上げランキング: 299,729

 一青窈

 

*1: 別に「near future」とかなんとかとも云っているから、ここんところはアテになんない\(^o^)/

本日のSong/KAZU - Salty

 まず、アレンジ。カッコイイな。音数をうっかり増やして大げさに盛り上がるようなヘマを仕出かすことなく、適切なサイズを保って最後までたどり着く。音色の選び方も文句なし。何がどう塩っぱいんだかわかんないけれど、かなり気に入っちゃったぞ。

 

 例によって、どういうヒト(たち)の演奏なのか全然知らない。僕が全然知らないだけで、どうも有名な方らしい。ググるといろいろ出て来る。公開からひと月以上の出遅れて見つけたということにもなるようで、我が情弱ぶりには呆れるほかない。あんまり詳細な情報はないみたいだけれど、以下にテケトーなリンクその他を挙げておく。

 坂本龍一も参加していたのか。びつくり。この曲に限ってみればバックは実質的に坂本の演奏、ひょっとして編曲も、ということなのかしら。

 それにしても、「みらい翻訳」hatebuみたいな機械翻訳サービスが登場してくると、英語情報翻訳で成り立ってきた類の情報サイトは、これからどう生き延びのための戦略を練るのか、結構面倒なところに来ちゃってるのかもなぁ、と音楽とは全然関係のないことが気になってくる今日この頃ですわね。

 

Salty
Salty
posted with amazlet at 19.05.23
Adult Baby (2019-04-12)
売り上げランキング: 31,589

 

天牛堺書店跡、それぞれ

 「折々のリンク/堺東の天牛堺書店跡には丸善が入ることになったらしい。」hatebuで少しだけ触れた天牛堺書店跡のその後、ここでも少しばかり。

 twitter検索でわかる範囲だとこれがすべてということのようだ。

 twitterのアカウントまで出来ているのかぁ。場所的には実家から遠いのでなかなか立ち寄る折は持てなさそうだけれど。

 へぇ~。でも、「番頭さん」って文字通りの番頭という役職だったわけぢゃないよねぇ? 何をやっていらした方なのかしら。

 閉店した書店の店員さんが新たに、ということでは、「大阪・本町に書店『toi books』 店主は心斎橋「アセンス」元店員」(船場経済新聞)hatebuというニュースもある。しかし、これも実家からは縁遠い場所だなぁ。う~ん。

 場所柄的に立ち寄られる方が多いということなのか、槇尾古書店のことを取り上げたtweetは他にもたくさんあるようだ。

 イオン鉄砲町大垣書店は開店が先月28日ということで、すでにtwitter検索ではtweetが拾えない状態になっているみたいで、全然引っかからない。

 しかし、上の通り、書店自体のアカウントは拾い上げることが出来た。

 ちゃんとした本屋さんのようだ。古本を扱っていないようなのが残念なところだけれど、鉄砲町なら所用で立ち寄らないこともないか。

 

 実家からいくらか利用しやすいのは現在のところまだ開店していない堺東の丸善ということになるのかな。でもなぁ、丸善だって古本は扱わないだろうからなぁ。う~ん。個人的には、高野線沿線の三国ヶ丘店、中百舌鳥店と北野田店の跡が気になるところ。三国ヶ丘店が僕には初めての天牛堺書店だった。10代時分、とくに詩書となるとここの古本コーナーくらいしか頼れるところがなかったもんね。界隈、今も昔も新刊だけの書店ではお話にならないのだから困ったもんだ。

 というわけで、せめて三国ヶ丘店跡、青学前の中村書店*1みたいな古本屋が入らないものですかね。そういうの、出来れば北野田店跡だと抜群に有難いんだけれど。ダメですかねぇ。ダメかなぁ。う~ん。

 

立ち読み課題図書、その他

絵僧暦 DAILY ESOW
絵僧暦 DAILY ESOW
posted with amazlet at 19.05.20
ESOW
Bueno!Books (2019-05-15)
売り上げランキング: 125,852

 「東京貼り紙・看板散歩/南千住、ビジネスホテル紅陽の壁絵が描き変えられていた。」hatebuを復旧させたついでにアレコレ検索していて逢着。美術書というわけで、結構なお値段。それでもアマゾンで扱っているESOWモノんなかでは一番安いというのが貧乏人には辛いところ。…(;´Д`)ウウッ…

 

見ることは信じることではない:啓蒙主義の驚くべき感覚世界
キャロリン・パーネル
白水社
売り上げランキング: 87,445

 

本日の指揮法/Mini maestro Lara

 昨年9月末あたりFacebookで出回っていた(タイトル、機械翻訳を噛ませても意味がわかんないので省略)、「与太」でそのうち……と考えていたのにすっかり忘れていた。改めてYouTubeでテケトーに検索してみると、6年前にすでに公開されていたものと判明。オリジナルがどこにあるのか不明。ただし、上にとりあげたものが、サクッと検索できた範囲では最も古かった。キルギス語がどんなものかは知らないからアレなんだけれど、タイトルが英語表記じゃなくてなんとなくそれっぽいし。オリジナルを気にしなければ、日本語でもアチラコチラで取り上げられている(cf. google:キルギス 女の子 指揮 )。というわけで、何を今さらなわけだけれど、手許でいつでも見られるように、φ(..)メモメモ。

 別の撮影者?、別の折、による*1別の角度からのものもあったりする(cf. Mini maestro Lara - passionate conductor (Kyrgyzstan) - YouTubehatebu)。結構有名人さんなんですか^^;。6年経った現在、Lara、どうしているのかしらね。上のヴィデオが持て囃されたことが、どんな影響をもたらしているのかしらね。気にしても仕方がないことだけれど。

 

 眺めながら、なんとなく心中想像できちゃうような気がする。このヴィデオを扱った記事類を眺めていると「指揮の才能」「指揮の真似をする才能(?)」みたいなところを云々する記事も目につくけれど、ホントは小さな少女のうちに自分と同じ心の動きを感じるところにこのヴィデオの魅力があるんぢゃないか。

 似たような振舞い、演奏会場では仕出かさないにしたって、自室内でヘッドフォンを被りながら……というおっさんの類など、うぢゃうぢゃゐそうだもんなぁ。僕はそういう真似は致しません。でも、そういう真似をしたくなる心情はありありと手に取るようにわかるし、別にそういう真似をおっさんがやらかしていたとしてもみっともないと感じるわけでもない。自分がやるとミットもないだろうけれど\(^o^)/。

 ただし演奏後鼻糞をほじるのは、おっさんがやらかしてもみっともないんだから、まぁ止したほうがよろしいぞ。

 

 アフィリエイトかますべく、アマゾンで指揮関連をテケトーに検索しているとなんだか奇妙なタイトルに出喰わす。

トップ営業の手法に学ぶ 新時代の吹奏楽指導法
石川 聡
ヤマハミュージックメディア
売り上げランキング: 63,253
オーケストラの指揮者をめざす女子高生に「論理力」がもたらした奇跡
永野 裕之
実務教育出版
売り上げランキング: 178,580
地球大予測〈2〉オーケストラ指揮法
高木 善之
総合法令出版
売り上げランキング: 313,521

 毎度、人類のことはよくわからない。

 

*1: よく見聴きしていると上のヴィデオと同じ折の撮影と見たほうが良さそうだ。